「感謝を“ひと”に還元できる社員に」
三輪 里沙子

「高め合える環境で働きたい」

「高め合える環境で働きたい」

―湘南ゼミナールに入社を決めた理由を教えてください。

楽しくて明るい空間を築いていた先生への憧れです。
中学1年生の半ばから中3まで湘南ゼミナールに通っていたんですが、先生にいろいろな悩みを相談するとすごく熱心に聞いてくれたのが、とても嬉しくて。 その時に漠然と自分もこんな先生になりたいって思い、その気持ちを持ち続けて学生生活を送っていました。

大学時代、教育に携わる人間になるために教職をとり、教育実習も経験しましたが、より“人と接すること”に集中できるのは塾の先生だなと考えるようになりました。また、もともと自分はとても負けず嫌いで(笑)、競争心を大切にしているんですけど、湘ゼミには尊敬できる先輩がたくさんいたり、同期にもライバルとしてお互い高め合える人がたくさんいました。そして、何よりも、自分が通っていた頃と同じように、相談したときには熱心に聞いてくれてサポートしてくれる社員がたくさんいて。これは会社の文化として根付いているんだなって率直に思いました。ここなら、ずっと自分は頑張れる。それが入社の決め手でしたね。

―例えば、どんなことをサポートしてくれたんですか。

授業中に、私の発問の仕方がぼんやりしていて、生徒さんが何て答えていいかわからないことがありました。授業の具体的なスキルについて、自分事としてとらえてくれて、詳しく分析してくれました。
今まで、相談しても共感してもらえたことはあったんですが、共感で終わらずに目の前にある壁を一緒になって乗り越えてくれたのは、ここが初めてでした。

「生徒さんがハマった瞬間、それが一番楽しい」

―働いていて、どんな時が楽しいですか?

授業中に、生徒さんが「そういうことか!」って納得してくれて、表情に出た瞬間ですね。
私の言葉と生徒さんの頭の中が一本につながる瞬間というか…その瞬間が心地いいし、楽しいと思える瞬間です。湘南ゼミナールの授業は【Q.E.授業】という、ただ教えるだけではなく、教室全体を巻き込んで生徒さんの「柔軟性」や「主体性」などの潜在能力や集中力を高める方法で授業を行っています。生徒さんが「考えることを楽しんでいる様子」を見れたときが、とても嬉しいですね。

「生徒さんがハマった瞬間、それが一番楽しい」

「日々素直に受け止め、改善する」

―「新卒Q-1グランプリ」で優勝されたと伺いましたが。

はい。新卒Q-1グランプリとは簡単にお話すると、新卒の中で授業No,1を決めるコンテストです。いわば、新人賞は誰かを決めるってことですね。表情やパフォーマンスという観点から、惹きつける授業が一番上手だった講師がNo,1になります。このコンテストは内定者のときに見学に行ったことがあり、入社前からこのコンテストの存在を知っていました。

―優勝を目指したきっかけを教えてください。

ひとつ上の代のグランプリを見たとき、みんなに注目してもらえる場がかっこいいと思ったことが第一でした。私、目立ちたがり屋なので。(笑)
自分が先輩に憧れたように、後輩たちのお手本になりたいなって。そのためには、ただ出場するだけでなく、グランプリ優勝を目指さなければいけないと思いました。
そして、上司に「優勝したいんです!」という話をしたら、上司が全面的にサポートしてくれたんです。

例えば、私は生徒さんの誤答を予測することが苦手だったので、そこを埋めるために毎日授業を見てもらいました。そして、そこでもらったアドバイスを素直に受け止めて、日々の授業で改善をかけていきました。
また、直属の上司だけでなく、他の校舎の先輩や日ごろ研修官としてお世話になっている先生方にもアドバイスをもらいました。仕事の後でも「授業を見てください。」と言ったら、断わった先輩は一人もいなかったんです。みなさんが親身になって相談にのってくれました。生徒だったときや入社前にも感じていた「人の温かみ」がこの会社の魅力だと、再度実感した瞬間でした。
常に目標を掲げて、そこに向かって努力することで、自分の成長にも繋がったと実感できました。優勝はその賜物だと思っていますし、これからも常に目標を掲げて成長していきたいです。

「感謝を還元したい!」

―今後の目標は何でしょうか?

やっぱり、今度は私が新卒で入ってくる先生を教えられるようになりたいですね。そのために指導力をもっと身につけたいです。
湘南ゼミナールの理念の「人に学び、人を育て、ひとにかえそう」を実現するために、2年目は、周りへの感謝を生徒さんや新卒の先生に還元していく年にしたいですね。

―最後に、湘南ゼミナールを見ている学生さんへのメッセージをお願いします。

入社する会社を決めるときに、ホームページを見るだけじゃなくて、説明会へ行ったり、面接に行ったり、現場見学に行ったり、実際にそこで働いている社員と接することを大事にしてほしいなと思っています。
同じ業界・同じ職種だと、なかなか業務内容に差を見つけられないと思っています。会社で働くというのは、人と接しながら働きます。つまり、その「人」に実際に会って、雰囲気を確かめることをオススメします。
私自身、湘南ゼミナールにした理由は「人」が決め手でした。
自分が頑張れば、サポートしてくれる「人」がいる。自分が失敗しても、次の改善策を一緒に考えてくれる「人」がいる。やりたいことを自分事のように捉えて、応援してくれる「人」がいる。そんな「人」に、説明会、面接を通して出会いました。
湘南ゼミナールは、主体的にやればやるだけ伸びる環境があります。
「成長したい!」「やりたいことがある!」という方は、湘南ゼミナールの説明会に足を運んでみてほしいです。

「感謝を還元したい!」

エントリーはこちら

その他の社員紹介

エントリーはこちら