「ひとつ上の視点で人を巻き込む」
森塾事業部 静岡県庁前校校長中山 大地

「湘ゼミは言いたいことを伝えられる環境」

「湘ゼミは言いたいことを伝えられる環境」

―中山さんはなぜ湘ゼミに入社しようと思ったんですか。

最初は、内定が決まっていた出版社に入ろうと思っていたんですが、社内見学で自分の想いを語る場が少ないなって感じたんです。あと、自分の言いたいことを伝えられるって環境は普通はないことなんだなあって。内定前に調べとけって話なんですけど。(笑)
学生時代に、森塾(湘ゼミがフランチャイズで運営)で指導していて、自分の想いをサービスとして形にできる仕事がいいなと思えたんです。

―では、湘ゼミに決めた理由は自分の想いを伝えたいからということでしょうか。

そうですね。
社会に出て、上司のやり方や言われたことの通りに動くというのは当たり前ですよね。もちろん湘ゼミだって型はあります。ただ、それプラスアルファとして自分の想いをのせていくのが私たちの仕事なんです。そういうことができるのって貴重な場だなと思って、湘ゼミで働こうと決意しました。

「仕事をしている時間=成果を生み出す時間」

―では、入社してすぐ思い通り、自分の想いを伝えられていたんですか。

はい、自分の想いを伝えることを大切にしていましたし、今もしています。
ただ、それで終わらせているだけでは大学生と変わりありません。
それに気づくのに3年もかかってしまいましたけど…。

―想いを伝えるだけではだめだということですか?

だめというよりかは、それでは教室を運営するという視点がないんです。
営業利益という数字を意識しながら生徒さんへの想いは大切にする。その両立ができてこそ社員というか、プロというか。3年目までは数字に興味がなく、それどころか自分とは無関係としか思っていなかったんです。だけど、それはアルバイトの感覚だと当時の上司に気づかされたんです。

―それまで、全く数字を意識していなかったのに、いきなり意識しなければいけないことに戸惑いはなかったんですか?

戸惑いというか、最初はしっくり来なかったですね。生徒さんへの想いさえあれば良いと思っていたので。ただ、その当時の上司が自分の伝えた想いや影響力が数字として表れると語ってくれて、確かにそうだなと思ったし、おもしろいと思えたんです。そこから、今までの自分の働き方も考えるようになりました。成果を出さなければそれは仕事と言えないし、成果を出す時間が仕事をしている時間だと意識して時間を使うようになりました。

「”想い”が伝わらないもどかしさ」

「“想い”が伝わらないもどかしさ」

―数字を意識しながら生徒さんへの想いを大切にするのは難しいと思いますが、入社して一番苦労したなあってことはありますか?

苦労かあ…基本的に苦労とは思わないんです。解決策を考えるが好きなので。(笑)
ただ、人が相手なので想いが伝わらないもどかしさは常にあります。とことん話して「生徒さんの根幹を知って信頼を築く」というのが僕のやり方なんですが、時間をどれだけ使って話しても、納得してくれないこともある。特に志望校変更期間はお互いが納得するまで話して話して…。それでも、うまくコミュニケーションが取れないときもありました。

―では、その時の経験を活かした解決策はどのようなものでした?

そうですね。これは先生に対してなんですけど、その先生の今の想いを聞くだけでなく、彼らの生い立ちや過去の経験などを聴きながら将来どうなりたいかを一緒に考えるようにしました。
最初は自分がどうしていきたいか分からず悩んでいましたが、今では生徒さんだけでなく先生に対しても良いお手本になってくれています。教室長として一先生ではなく自主性を持ってやりがいを感じて働いてくれていることに、校長としての自分の想いが伝わったのだと実感できましたね。

「逆境があるからこそ燃える」

―今のお話をさらっとお話してくださいましたが、生徒さんだけでなく先生の将来についても考えていくのは大変だと思います。
何か原動力になっているものはあるんですか。

原動力かはわかりませんが、「逆境があるからこそ燃える」というのはありますね。大変だと思う前にまず考える、行動する。そうすると自然に大変だという気持ちがなくなっていくんですよ。さきほど話した、自分の想いが伝わらないことは、大変さでも苦労でもなく、僕にとってはやりがいそのものです。

「逆境があるからこそ燃える」

「“人”を動かして“成果”を出せる環境へ」

―苦労をやりがいだと捉えるポジティブさがあるので教室をうまくマネジメントできるのでしょうか。
先生と校長の違いを教えてください。

もちろん、校舎をマネジメントする上で、ポジティブシンキングも大切だと思いますが、人を巻き込んでマネジメントすることを常に意識しています。そのためには、みんなと同じではだめ。「ひとつ上の視点」が大切です。

―「ひとつ上の視点」とは具体的に?

校舎全体を俯瞰して見てみる、そうすると、自分がやらなきゃと思って何でも自分で解決しようと思っていたことが、意外と人を巻き込んだほうが効率良かったり、生徒さんのためになったりすることがある。僕はその積み重ねが大きな成果につながると思っています。そのためには、周りを信頼することが大前提。もちろん時には、うまくいかないことがあります。

―そういう時はどうするんですか。

怒るのではなく気付かせるようにしています。例えば、先生お願いした仕事をやってくれていなかったら、口で頼むのではなく、その先生の目の前で頼んだ仕事を一緒にやる。そうすると気付いてくれて次から同じようなことをやらなくなる。先生も行動が変わることで成果が出せるようになるし、全体としても良い成果につながります。地道ですが最終的には成果を出せる環境をつくる近道だと思っています。

エントリーはこちら

その他の社員紹介

エントリーはこちら